発行してもらう事が可能です

-

-

車を手放す際や、そして愛車の売却の時も印鑑証明というものが必要になってきます。債務整理のポイントは弁護士

この印鑑証明に関して説明しましょう。

印鑑証明書とは、ある印鑑が実印であることを保証するための正式な書類です。

この書類がないのであれば、その印鑑が実印として効力を持つかどうかが保証できません。

個人にとっては相当高額な商談になる愛車の買い取りなので実印が要ることになりますがその際に印鑑証明書が要るのです。

印鑑証明をつくるためには、事前に印鑑証明することが必要です。

書類に登録する印鑑は普通、実印といい、唯一無二のハンコであることが条件です。

実印を用意して最寄の役所の受付へいけばすぐに印鑑登録できます。

手続きが済むと、印鑑登録カードというものが交付され、印鑑登録をしたハンコは実印ということになります。

印鑑証明を交付してもらうには役所の窓口で印鑑登録証明書交付申請書に必要項目を書き込んで、印鑑登録カードを持って行くだけです。

それから、自動交付機でも印鑑証明を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明には期限切れなどはないのです。

そのため、いつの印鑑証明でも印鑑証明としての効力は持続するということです。

しかしながら、クルマ買い取り時には必要になるのは三ヶ月以内に交付されたものでなければなりません。

基本的には有効期限を気にする必要はないのですが、所有車の売却のときには買い取り先が必須となる有効期限を設定していますので、仮に中古車売却を予定しているのであれば用意しておくことが必要です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.soft-legal.com All Rights Reserved.