円安になると財務大臣の言いつけに従って日本銀行が円

-

-

為替介入は耳にした事がありますか?日銀が為替介入をして新聞記事、雑誌、テレビ、インターネットなどの情報で見られたみなさんもいるでしょう。

元から外国為替市場介入(為替介入)といえば日本においては、◯大臣(財務大臣)為替相場の安定性を実現するために実行する方法と評価されています。

わかりやすく言うと、激しい円高、円安になると財務大臣の言いつけに従って日本銀行が円を取引して為替のレートの安定性を狙うというものです。

為替の介入とは方法が何通りかあります。

1.単独介入・・・行政または日本銀行が、東京での市場の中で自ら市場に参入して為替の介入をする。

2.協調介入・・・複数の通貨当局が協議したうえでそれぞれの銀行などが資金を使いみんなそろってまたは引き続いて外国為替市場介入(為替介入)を行なう。

3.委託介入・・・外国の銀行などへ介入を委ねる。

4.逆委託介入・・・日銀が外国の通貨当局の代わりに為替介入を遂行する。

こんなような方法があります。

どの種類の為替介入(外国為替平衡操作)も一時、当面為替の市場に効果を与えるはずです。

介入の額は当然のことですが国の面目をかけて行なうのですから桁外れです。

円を基本に例えると、通常はほんの少し変化する相場が不意に数円単位の動きをします。

個人の投資家の人ならば一度は体験したと考えますがそれまでは順当に含み益(あるいは含み損)が多くなっているポジションを保持していたところ、持続している保有高が決済しましたとのことで情報が外為の会社よりEメールが届き・・・どれほど儲かったのかな(損したのかな)?と思いながら決済の情報を見たら自身が予想していた内容とは反対の状態となってしまい驚いてしまった事例があるのです。

為替介入が実施された場合によくあることです。

外国為替平衡操作(為替介入)を施行すると、為替市場の変動とまったく逆の動向をするものなのです。

それだけでなく動く金の幅はものすごく大きく大幅に動きますので気をつけましょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.soft-legal.com All Rights Reserved.