www.soft-legal.com

-

-

ぜんそくの吸入薬には発作時に使うものと発作が起きないように継続して使用するものがあります。前者はSABAといって短時間作用型β2刺激剤といいます。β2とは神経伝達物質受容体の一つでこのβ2を刺激することで気管支が広がります。その結果ぜんそくの発作が治まるのです。薬品名にはメプチンやサルタノールやスピロベントといったものがあります。これらは短時間で作用しますが1日の使用量は決まってますので使いすぎないように注意が必要です。また後者には吸入ステロイド剤が挙げられます。ステロイドは人間の副腎という部分から分泌されているグルココルチコイドという物質をまねて作られたものです。この物質は体内でのアレルギー反応を抑える働きがあります。ぜんそくというのは気管支が慢性的に炎症を起こしている状態であるためこのステロイドが用いられるわけです。使い方は定期的に使用することで気道の炎症を抑え発作を起こしにくくする長期管理的な薬剤です。薬品名にはフルタイドやパルミコートなどがあります。そして吸入ステロイド剤の注意点は吸入後必ずうがいをすることです。これは薬がのどに残っていることでカンジダというカビが発生するのを抑えるためです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.soft-legal.com All Rights Reserved.