www.soft-legal.com

-

-

引っ越しといえば引っ越しそばって言いますよね、 では、いつから、なぜ、引っ越しの際にはそばを食べるようになったのでしょうか? 引っ越しの際に、そばを食べるようになったのは、 江戸時代の終わりの頃かららしいので、 そんなに昔からという習慣ではないようです。 と、いうよりも、きっとそれ以前の日本では、 引っ越しというイベント自体無かったのかもしれませんね。 生まれ育った街を離れるというほど、遠くに行く理由もなかったのでしょうね。 江戸時代のこの風習ができたころには、 細く長くよろしくねという気持ちを込めてご挨拶にそばを持って行ったそうですが、 ご近所にはせいろ二皿、大家さんにはせいろ五皿もってご挨拶に行っていたそうです。 今でも、引っ越しの際に、おそばをお送りして、 ご挨拶をすることもありますが、 まさか、茹でてせいろのまま持っていくということもないですし、 渡す相手の格によって量が変わることはないですよね。 どちらかといえば、今日は引っ越しで忙しかったし、 まだ、片づけ済んでいないから、 夕飯は、そばでささっと済ましちゃおうという意味で、引っ越し当日に 当事者が食べる方が多いかもしれませんね。 それにしても、細く長くのお付き合いとは面白い表現で粋ですよね、 美味いこと言うなぁと感心してしまいます。 そんな風に関心した人が多かったからこそ、流行って日本中に広まったのでしょうね。 ちなみに、そばを送るのには、もう一つ意味があって、 「お蕎麦」と「お側」をかけて、そばに引っ越してきたものですが、という意味も含んでいるそうです。 よく考え付きましたよね。素晴らしい発想ですよねと感心しちゃいます。 最近では、引っ越しのご挨拶にも、乾麺のそばセットなどを送る人も多いようです。 乾麺でもらえれば、いつでも好きな時に食べられるし、 もし、そばが苦手でも、他の方に譲ったりとできますからね。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.soft-legal.com All Rights Reserved.