www.soft-legal.com

-

-

前置きとして、個人が破産を要請するまでは負債のある個人へ対する電話を使用しての借金回収と借金のあるその人の住居への訪問によった徴収は無法というわけではないと考えられています。さらに、破産申請の書類手続きに進んだあと時間がかかる場合では債権人は無理な徴集をしてくるリスクが増加します。債権保有人サイドとしては債務の払込もせずに自己破産などの法律上の対応もなされないといった状態であれば会社の中で完了処理をすることができないせいです。債権保持者の中では有資格者に連絡していないとわかったなら非常に無理矢理な集金行為を繰り返してくる債権者もいます。司法書士事務所もしくは弁護士事務所に助力を求めたケースでは、各々の債権保持者は本人に関しての直接集金を続けることが許されません。要望を受けた司法書士の方それか弁護士法人は依頼を担当する旨の文書を各取り立て屋に配達しそれぞれの債権者がその通知をもらったときから取立人による返済要求から自由になるのです。さらに、企業が勤務先や故郷へ訪れての返済請求は貸金業法のガイドルールで禁止となっています。事業として登録が確認できる企業であれば故郷へ訪問しての集金は貸金業法に違反しているのを知っているので、違反であると伝えてしまえば、返済請求を続けることはないと言えます。破産に関しての手続きの後は、破産者に向けての返済要求を入れて例外なしに返済要求行為は不許可になりますので取り立て業者からの返済要求行為はまったくなしになることとなります。けれどもごく一部には禁止と知っていて訪問してくる取り立て屋もゼロであるとはいえません。貸金業であって登録している会社であれば破産の手続き後の徴集行為が貸金業法規制法の条項に反しているのを知っているので、違反だと伝えれば、返済要求をし続けることはないと思います。とはいえども闇金と呼ばれている登録外の取り立て屋に限っては常識外で、強引な返済請求による被害事例が増加し続けているという現実があります。裏金が業者の中にいる可能性がある場合は弁護士法人それか司法書士の人などの専門者に依頼するようにする方がいいでしょう。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.soft-legal.com All Rights Reserved.